FC2ブログ
2016.09.16 菅の獅子舞
初めて菅の獅子舞を見に行って来ました。

★1TOP菅の獅子舞

菅の薬師様は、鎌倉時代に建立された由緒ある薬師様だそうです。

菅の獅子舞は、五穀豊穣、天下泰平、疫病退散、風雨和順を願って行われている物で
2001年に、県指定無形民俗文化財に指定されているそうです。

獅子舞は、天狗と三匹の獅子が登場します。
雄獅子(おじし)は、立派な角があります。

★4雄獅子3

雌獅子(めじし)は、頭に宝玉があります。

★5雌獅子

臼(久)獅子(きゅうじし)は、ねじれた火炎の角があります。

★6雌獅子と臼獅子

最初に、天狗が土俵を清めます。

★3先頭の天狗

その後、天狗を先頭に、3匹の獅子が、太鼓を鳴らしながら舞います。
土俵に入る前は、横にならんで舞う「横舞」、土俵に入ってからは、低く構えた「地舞」

★9横舞い2

★12地舞い補正後

という舞いとの事。(他にも、清十郎・道行といった舞いが有るそうです。)

土俵に入ってからの舞いは、物語が有ります。
天狗が、獅子に酒を飲ませ、サイコロで博打を打ちます。

★13酒を注ぐ天狗補正後

★14酒飲ませた天狗

天狗と臼獅子が雌獅子を隠して、雄獅子が探します。
雌獅子を隠したのがばれて、ケンカになり、その後仲直りをする。
というストーリーの様です。
(近くで見ていた女性2人が、物語について話されていました。)

★15怒る雄獅子補正後

★11土俵の中の獅子2補正後

子供相撲の戦士も、身を乗り出して見ていました。

★子供相撲の戦士

ストーリーが分かったおかげで、興味深く舞いを見ることができました。
やはり、解説があると分かり易いですね。


情報管理課 T.S


Secret

TrackBackURL
→https://yadokarinet.blog.fc2.com/tb.php/1391-9e55e889